宗派によって異なるお葬式の焼香

お葬式に参列する場合は、事前に宗派の確認をしておくことが大切です。基本的なお焼香のやり方にはあまり違いはありませんが、宗派によって線香のあげ方や焼香の作法が異なることもあるので注意が必要です。

焼香の基本的な作法は、右手の親指、人差し指、中指の3本を使って抹香をつかみ額の高さまで持ち上げ、指をこすってねじるようにしながら香炉に落とすというものです。宗派によって香炉に抹香を落とす回数に違いがあるのでその一例を紹介させていただきます。

天台宗では、基本動作の後、つかんだ抹香を3回に分けて香炉に落とします。3回抹香をつかむのではなく1回分を3回に分けるのがポイントとなります。真言宗では、基本動作のなかの抹香を額の高さまであげるという行為はしません。浄土宗では、天台宗と同じように1回分としてつかんだ抹香を3回に分けて香炉に落とします。本願寺派浄土真宗では、真言宗と同じように額まで抹香をあげることなく、そのまま香炉に落とすというスタイルになります。曹洞宗では、1回目は基本動作と同じですが、2回目に抹香をつまんだまま香炉に落とします。

このように、宗派によって額まで抹香をかかげるか、何回香炉に落とすかという違いがあります。お葬式では宗派に合わせて失礼のないマナーを心掛けましょう。