お葬式のお焼香のスタイルとマナー

お葬式は故人の遺志や家族の宗教、考え方によってさまざまな形式で行われるため、参列者はその習慣に合わせてお焼香をすることになります。初めてみるお焼香のスタイルに面食らってしまい、失敗のないように前の人を注視してマネをすることも少なくないでしょう。事前にお焼香のスタイルやマナーなどを理解しておけば、いざという時に慌てることもありません。

お焼香のスタイルには、立礼、座礼、回し焼香の3つがあります。宗教や慣習によって異なることもありますが、一般的には葬儀会場で執り行われるお葬式の際に立礼、自宅や寺院での座礼、参列者が多い場合や葬儀場が狭い場合などに回し焼香が行われます。

立礼は椅子席が設けられたお葬式で行われることが多いものです。自分の番が回ってきたら焼香台につく前に遺族や僧侶に一礼し、遺影に目を向けて合掌、一礼します。お焼香が終わったら合掌し、遺族に一礼してから席に戻ります。座礼は、寺院や仏間がある自宅など、畳敷きの会場でのお葬式で用いられるものです。手順は立礼とほとんど変わりませんが、立ち上がらずに膝を使って移動する膝行で移動するのが特徴です。回し焼香は、その名の通り香炉を手持ちで順番に渡しながら行うスタイルのものです。香炉をもらう際には軽く会釈し、遺影に向かって合掌して焼香を済ませ隣の人に渡します。椅子席の場合は膝の上に香炉をおくのが一般的です。